[東広島市]筋整流法 東広島道場

 350年続く古武術流派の活法であった〝腱引き〟。武術活法である〝腱引き〟を元に現代に合うように改良されのが『腱引き療法』です。

 武術活法とは稽古や戦(いくさ)で動けなくなった人を〝その場でとりあえず動ける〟ようにする技術です。この「とりあえず動ける」というのは、交通機関の発達していない昔では非常に重要なことでした。
 骨からではなく手技により筋肉の調整をすることによりぎっくり腰などの不調を改善していきます。また、この手技と運動指導を組み合わせることにより根本的な改善へと導きます。

 ぎっくり腰は腱引きが得意とする症状の一つで、「腰には四本の腱がある」という独自の考え方を元に施術をしていきます。
 またぎっくり腰も「伸ばして痛い」だけでなく「曲げて痛い」という場合もあります。特に「伸ばせるけど、曲げると痛い」というのは生活様式の変化によって増えてきた症状で、腱引き療法ではそのどちらもに対応できます。

 腱引きって施術する場所によってはちょっと痛いことがありあます。
 痛くない整体が増えた中、逆行しているようにも思えます。
 でも、腱引きを受けた方からは

・頭痛に悩まされていたのが楽になった。
・長年あった症状がなくなった。
・足親指のしびれが良くなった。
・体のバランスがよくなった。

 などの感想をいただいています(ホームページに掲載)

 もしあなたが本気で良くなりたい。今の不調から何が何でも改善したいと思っているのなら、腱引き療法をお試しください。
 あなたが諦めない限り、全力でサポートします。一緒に改善に向けて頑張りましょう。

詳細情報

屋号筋整流法 東広島道場
診療内容

 腰痛、肩こり、肘・膝・足首などの関節痛。慢性的な頭痛など。スポーツ障害や体のメンテナンスにもお役に立てます。
 その他、色々な不調に対応できますので、まずはご相談ください。

診療料金など

一般……………¥4,000(初回¥6,000)
高校・大学……¥3,000(初回¥5,000)
中学生以下……¥2,000(初回¥4,000)
※施術の時間は約40分を予定しておりますが、お体の状態により前後します。そのことによる追加料金などはありません。
http://koukenbiki.web.fc2.com/charge.html

診療時間

月~土 : 9:00~20:00

従業員数1
ホームページhttp://koukenbiki.web.fc2.com/
電話番号070-5674-1174
担当者河野伸幸

アクセス情報

所在広島県東広島市西条町西条東897-1 B101
アクセス

●お車でお越しの場合。

 国道486号側から
 下見街道を広島大学へ向かいサタケ物流センターを越える。
 西条中学・賀茂高校側からの入り口

 広島大学(下見)方面から
 下見街道を賀茂高校へ向かいJA食料中央センターを越える。
広島大学側からの入り口

●車以外でお越しの場合。

 JR西条駅から広島大学線のバスに乗り、「尾形」で下車。

 ハママツ楽器のななめ向かいにあります。

詳しくはこちら→http://koukenbiki.web.fc2.com/access.html

教えて掲示板への最新の解答

非公開: 母がぎっくり腰になりもう十日たちました。…に対する回答

 現在は、少しは回復の方向に向かっているのですね。  膿を生じるほどの症状を引き起こした原因が気になりますが、医大の病院のような大きなところにおられるのな検査もしっかりされたことと思います。  失礼いたしました。

非公開: 母がぎっくり腰になりもう十日たちました。…に対する回答

 『腱引き療法』筋整流法 東広島道場の河野と申します。  まず、二つほど質問があります。  投稿者情報に「60代女性」とありますが、書き込みには「息子としては」とあります。これは相談者様のお母様が「60代女性」ということでよろしいのでしょうか?  また「ぎっくり腰になり」とありますが、ぎっくり腰になった原因(特定の動作など)に思い当たる節はありますか?  質問者様の書き込みで気になるのは「じっとしているもののかなりの痛みがある」という部分です。  横になっても(安静にしていても)痛みが引かない(あるいは同じ痛みが続く)のであれば、その腰痛は内臓疾患が原因かもしれません。  腰痛の原因となる内臓疾患は泌尿器系疾患、消化器系疾患、循環器系疾患……などなど色々とあります。  女性であれば婦人系疾患が原因である可能性もあります。  入院しているのは整形ですか? 早めに内科(できれば検査施設の充実した総合病院)で精密検査をしてみて下さい。  ぎっくり腰のような痛みだからと言って、侮らないでください。  一日も早く、お母様が回復されることをお祈りします。

33歳の男ですが、軽いものも含め去年ぎっ…に対する回答

 ぎっくり腰を一年の間に何度も経験されたとのこと。不安になるのも分かります。  さて、脊柱管狭窄症とぎっくり腰の関連をお訊きになっておられますが、私も関連性は低いと考えます。  但し脊柱管狭窄症であったが故に、今までの生活の積み重ねで腰の筋肉の状態(バランス)が変わってしまい、ぎっくり腰になりやすいというのはあるかもしれません。  これは脊柱管狭窄症であれば皆そうであるというものではなく、あくまで相談者様の事例における可能性の話ということになります。  一番良いのは腰の状態をみさせてもらうことです。もし筋肉のバランスの話であれば、腱引き療法での対処が可能です。  京都の向日市に腱引き療法を受けることのできる接骨院があります。   一度、相談してみてはいかがでしょうか?  ご連絡いただければ、詳しい住所などをお教えできます。  もしくは、こちらへ連絡するのが不安ということであれば「京都 向日市 腱引き療法」で検索してみてください。  相談者様の不安が、一日でも早く取り除かれるお手伝いになればと思います。