[古賀市]福岡腰痛センター 

福岡腰痛センターとは?

当院はカイロプラクティックと言う手技療法を中心に、様々な手技で困っている患者様を救っています。

全身の施術を行っていますが、ぎっくり腰にもしっかり対応いたします。

ぎっくり腰は決して簡単な施術ではありませんので、我々治療家にとっても多くの課題となる疾患です。

当院では、一つ一つ丁寧に状態を確認し、的確に優しく対応してゆきますので安心です。

また、ぎっくり腰は癖になると言いますが、しっかりとした施術を計画的に行えば殆どの場合問題なく通常の生活に戻ることが可能です

ぎっくり腰をごまかしつつ生活をしていると、癖になるだけでなく、脚の痺れや麻痺等も起こりかねません。

当院では出来るだけ簡単に、患者様に今の状態をご説明し、納得して施術を続けられるように対応しておりますので、安心してご来院下さい。

詳細情報

屋号福岡腰痛センター 
診療内容

Ⅰカルテに記入して頂きます。

Ⅱ問診(なぜ現在の症状に至ったのかの経緯や、これまでの心体の状態を細やかにお聞きします)

Ⅲ問診で得られた情報を素に、整形外科テスト・神経機能テスト・身体機能検査・カイロプラクティックテス ト等、西洋医学で定められたテスト法を用いつつ、手技療法での各検査も合わせて確認します。

Ⅳ問診、検査で得られた情報を素に、実際の所を検証してゆきます。

Ⅴ患者様の状態に合わせた施術を行ってゆきます。

 

診療料金など

初回検査料 2000円(クーポン チラシをお持ちの際は無料)

施術料 一回5000円(6回綴り回数券は25000円 一回分お得です)

 

診療時間

営業時間:AM9:00~PM7:00

定休日:毎週火曜日、日曜日

従業員数
ホームページhttp://www.fukuoka-yotsu.jp/
電話番号092-943-4242
担当者古賀 健一郎

アクセス情報

所在福岡県古賀市天神5-6-16
アクセス

★JR古賀駅(鹿児島本線)下車 ⇒800m程⇒「古賀駅前」交差点を左折(福岡方面)⇒300m程⇒「西鉄古賀駅」交差点右折⇒30m程で当院

徒歩で約7分程

教えて掲示板への最新の解答

33歳の男ですが、軽いものも含め去年ぎっ…に対する回答

お気持ちお察し致します。 まず脊柱管狭窄症との関連ですが、角方面の先生方とで見解が分かれる所かもしれませんが私は可能性は限りなく低いと思います。 ストレッチですが、どの様なストレッチなのでしょうか? 筋肉には反射機構があります。 ゆっくりと時間をかけてストレッチをしてあげないといけません。 また、骨格のシステムにも問題があるかもしれませんが、栄養分には問題ありませんか? 頻繁に足がつったり、夏は熱射病にかかったり、以上に疲れたり! 腰だから腰という見方だけでなく、全体を見る必要もあるのです。 もしかするとクエン酸等が効果的かもしれませんね。 そして脊柱管狭窄症の点にこだわらず、腰のバランスを少し整えるのも重要になります。 ストレッチは結構適当にする場合が多いですが、例えば前をやったら後ろも! 外に広げたら内側にも!内捻じりの後は外捻じりも!などゆっくり反対方向にもやってみましょう。 なにかありましたら、お電話でもお教え致します。 お大事に

大学4年生で、サッカーしてます。8月24…に対する回答

こんにちは。 考えられる状態をお知らせ致します。 最初にこの症状は、ほぼ心配いらないものと考えられますのでご安心下さい。 この回答はもう一週間程経っていますのでもしかするとかなり改善されているかもしれませんね。 他の先生の回答の様に私も幾つかの事が考えられると思います。 一番の可能性は筋肉でしょう。(筋膜も含まれる) 臀部の筋肉(特に利状筋)を痛めたのではないかと推測されます。 また、母趾と足底の違和感覚でしたので神経走行から考えると第5腰椎から骨盤周囲までが影響を受けた可能性があります。 勿論それに限った事ではありません。 何故なら、人の体はシステムで機能しています。 ひとつの問題が、幾つかの問題を巻き込んで要ることが殆どです。 特に心配は要らないと考えますが、悪い状態が長引くのだけは避けたい所です。 福岡県からのご投稿ですので、いつでも気楽にご連絡頂けますとわかる範囲アドバイス等させて頂きます。 場合によってはお住まいの近くの、信頼の置ける先生を紹介する事も可能かと思います。 早く回復し、またサッカーを楽しまれてくださいね。 お大事に。

父親がぎっくり腰になってしまいました。自…に対する回答

日常での補助 ご本人は、痛みが楽なポジションを探しながら身動きしています。 起き上がる瞬間など、「手を貸す」のは必要最低に留め、出来るだけ手を出さない様にしましょう。 他の先生方も書いてありました通り、初期では冷やす事をお勧め致します。 間違っても温めないでください。 一日4回・一回20分(朝、昼、夕方、夜) どうしても動かないといけない場合は、コルセットやサラシで安定させる方がいいです。 簡易的施術法 これは患者様全員に共通するものではありませんので、その点はご了承ください。 お父様の体を丸めます。(楽な姿勢) その姿勢のまま、第三者の方に下腹部に手を当ててもらいます。 3~5分程度 注意・・・引っ張ったり、押したり、さすったりしない事 ぎっくり腰とはざっくりとした状態を示す言葉ですが、問題は状態が回復する過程で十分に回復するのかどうかです。 どの患者様も、受傷時はかなり苦しみますが、改善後が皆さん違うのです。 症状が全て緩解する方や、痺れや他の付随症状が出ている方、腰痛が残る方、他・・・ 急性期の対応から、慢性の状態の悪化とならないように注意して下さい。 症状がそれなりに改善された後、ちゃんとした所でチェックする事をお勧め致します。 お大事にされて下さい。

今年で15歳になりました。 ずっと骨盤上辺り…に対する回答

骨盤の上部には腰からの筋肉が付着しています。 左右ともの症状なのか片方だけなのか、本文からは分かりませんが症状は改善に向かうものと思われます。 しかしながら、レントゲン検査では筋肉の状況は分からないのでぎっくり腰の症状というのも納得しかねます。 解った事は骨や軟骨等に異常がみられなかったという事で、とても重要な要素となります。 場所から推測すると筋肉の症状の様ですので、しっかりとストレッチ等を行いましょう。 私もサッカーをしていましたが、ストレッチもしないで練習をする事が多かったです。 もっと色々考えられる状態があるのですが、遠方ですし何とも言えません。 宜しければお電話頂けると、アドバイスさせて頂きます。 お大事に!