父親がぎっくり腰になってしまいました。自…

  • 作成者:abc_net
  • 作成日:

父親がぎっくり腰になってしまいました。自宅で家族が父親に対してどう接すれば良いのか、父親の負担を減らすには具体的にどのようなサポートをすればいいのか、注意点やアドバイスなどを教えていただきたいです。

病気や怪我知らずだった父親が突然ぎっくり腰のような症状を訴えました。仕事帰りの電車の中、最寄り駅で降りようと席から立ち上がった時にぴきっと来てしまったようです。翌日病院へ行き診療してもらったところやはりぎっくり腰だったようで、本人は相当ショックを受けておりました…。家で安静にしてから再び病院へ行くとのことで、今は自宅のソファーで横になっています。歩いたり咳をしたりするのも辛いようなのですが、家で安静にしなければならない場合、家族内でどのような手助けが出来るものなのでしょうか…。痛みを改善するのは病院や整体院が行うことだと思うのですが、家に帰ってからでも腰の痛みを緩和できる・負担を減らすことができるような、サポートの仕方があれば教えてください。よろしくお願いします。

たくさんの回答をいただきましてありがとうございます。補足ですが、質問を投稿したのは娘(20代)です。

※父親(50代)、娘(20代)←質問投稿者です。
腰に刺激をあたえないように、ご指示いただいた通りに腰を冷やしたら症状が大分マシになったようです!ありがとうございます!

2013年06月07日 追記

投稿者情報

  • 年代:50代
  • 地域:石川県
  • 性別:男性
  • 悩み度:★★★★☆

こちらは専門家様のみ回答できます。専門家様はログインして回答してください。

まだ登録されてない整体院さんはこちらからご登録してください。

専門家からの回答

  • 宇都宮で話題の整体 | 宇都宮整体院 (栃木県)

    お父様はソファーに横たわっているそうですがクッションや枕などを使って出きるだけ痛みを感じないポーズを取って戴きましょう。
    あなた様は氷水を入れたビニール袋などで最も痛みを感じる場所を冷やして上げて下さい。約10分程度で中断して下さい。1時間に1回程度の冷却作業で炎症は徐々に緩和されるでしょう。その間、お父様の肩や首の筋肉はカチカチに硬くなっているでしょうから優しく揉んであげてはいかがでしょうか。何とか歩ける様に成りましたら整体院などで硬くなった筋肉を軟化させる施術を受けられると日常生活に復帰するのが早まるでしょう。その後はギックリ腰が再発しないような筋肉ケアーを受けられると最善と思います。

    • 2013年6月21日投稿
    • 宇都宮で話題の整体 | 宇都宮整体院」の詳細はこちら

    会話を続けるためにはログインして回答してください

  • 「首の痛みと首こり専門」東京世田谷区 おおしま整体 【田園調布・奥沢・自由が丘】 (東京都)

    ぎっくり腰に対してまず出来ることは、アイシング(患部を冷やすこと)です。
    これは、炎症反応を冷やすことで抑え、その痛みを抑える方法です。

    ご本人が起き上がるときのアドバイスしては、四つん這いになってからお腹に力をいれて起き上がる方法です。

    手助けされたい場合は、動くときの補助をすることになるかと思います。

    痛みがひいてからは、少しずつで良いので、ラジオ体操などで関節の運動をしていきましょう!

    整体でも痛みを和らげたり、周囲の筋肉を緩めておくことで、早期改善を促すことが可能になります。
    また、炎症反応がおさまっていなくても、痛みの緩和には効果を奏します。

    • 2013年6月8日投稿

    会話を続けるためにはログインして回答してください

  • 福岡腰痛センター  (福岡県)

    日常での補助

    ご本人は、痛みが楽なポジションを探しながら身動きしています。
    起き上がる瞬間など、「手を貸す」のは必要最低に留め、出来るだけ手を出さない様にしましょう。

    他の先生方も書いてありました通り、初期では冷やす事をお勧め致します。
    間違っても温めないでください。
    一日4回・一回20分(朝、昼、夕方、夜)

    どうしても動かないといけない場合は、コルセットやサラシで安定させる方がいいです。

    簡易的施術法

    これは患者様全員に共通するものではありませんので、その点はご了承ください。
    お父様の体を丸めます。(楽な姿勢)
    その姿勢のまま、第三者の方に下腹部に手を当ててもらいます。
    3~5分程度
    注意・・・引っ張ったり、押したり、さすったりしない事

    ぎっくり腰とはざっくりとした状態を示す言葉ですが、問題は状態が回復する過程で十分に回復するのかどうかです。
    どの患者様も、受傷時はかなり苦しみますが、改善後が皆さん違うのです。
    症状が全て緩解する方や、痺れや他の付随症状が出ている方、腰痛が残る方、他・・・
    急性期の対応から、慢性の状態の悪化とならないように注意して下さい。

    症状がそれなりに改善された後、ちゃんとした所でチェックする事をお勧め致します。

    お大事にされて下さい。

    会話を続けるためにはログインして回答してください

  • 和泉市 PST(無痛ゆらし療法)専門院・染井鍼灸整骨院 (大阪府)

    初めましてPST(無痛ゆらし療法)専門院・染井鍼灸整骨院です。
    お父様のぎっくり腰の自宅でのサポートの仕方で悩みお困りのようですね!(>_<) ギックリ腰・腰痛は一生の内、一度は経験することが多い疾患です。長時間の不良姿勢・過労・ストレス・運動不足など原因は様々です。日常生活での注意が予防につながるのですが、今はなってしまっているのでその辛さを改善することが最優先となります。 個人的に私がおすすめしているのは「無痛ゆらし療法」という療法で身体に一切の負担や痛みを与えず、身体の痛みを効率よく解消していく療法です。からだをゆっくり揺らすことで筋肉の緊張を取り去る施術で、筋肉の緊張を取り去れば、骨格のゆがみが直り、神経への圧迫もなくなるので、痛みが減ります。また、日常生活における注意点やや簡単に自宅で行える自己療法体操なども指導いたします。 各地の療法院http://www.pst-kobe.com/info.html ●自己療法体操およびサポート 急性期では背中からお尻までゆっくりと痛みのない範囲で両手の平で一方向に擦ってあげて下さい。これだけでも筋肉の緊張が緩んできます。 寝具は柔らかすぎると腰に負担がくるのでやや硬めがようでしょう。寝る姿勢は仰向け、横向け、何れにしても膝を軽く曲げて寝ると楽に寝られます。 ギックリ腰になって一番つらいのは寝起きの瞬間です。次に立ち上がり動作となります。最も辛い時は歩くことも出来ず、トイレにいくのも這いつくばってお尻を支えてもらわないと便器に座れないほどです。 私も強烈なギックリ腰になった経験があるのでよくわかります。(^^;) 起きるときには膝を曲げて先ず、横向きになりその姿勢からゆっくりと痛みのない範囲で上体を起こしていくと腰に負担が少なく起き上がれます。 寝るときは先ず、横向きになってからゆっくりと痛みのない範囲で上体を寝具に近づけていき、膝を曲げて横向きまたは仰向けになりましょう。 サポートする時は無理に起こそうとせず、お父様のペースで軽く腰周りを支える程度にしましょう。 また、1日のうち可能な限りお風呂に入ることをおすすめします。 身体全身を41度~43度くらいのやや熱めのお湯に5分~15分くらい浸かることで自然回復力・免疫力をアップさせることができます。但し、我慢して入るのはよくないので自分が心地よく感じる程度にしておきましょう。

    • 2013年6月7日投稿
    • 和泉市 PST(無痛ゆらし療法)専門院・染井鍼灸整骨院」の詳細はこちら

    会話を続けるためにはログインして回答してください

  • 自然療法整体療術院ときわ台健康堂 (東京都)

    自然療法整体療術院ときわ台健康堂 院長抄明

    参考治験例 : ぎっくり腰・坐骨神経痛編
    http://www.geocities.jp/hsclinc39/zakotusinkeitu/zakotusinkeitu.html

    • 2013年6月7日投稿
    • 自然療法整体療術院ときわ台健康堂」の詳細はこちら

    会話を続けるためにはログインして回答してください

  • 北区・田端の【そら整体院】 (東京都)

    ぎっくり腰は例えオリンピック選手でも腰、背中、臀部が硬くなっていればなるものですのでショックを受ける必要はないと思います、それだけ硬くなってることに気づけなかったのはまずいと思いますが・・・・。
    とりあえず膝下にクッションを入れたり膝が曲がるようにしてあげると多少はマシになるかと思います、横向きに寝てるんであれば丸まれば良いかと。
    冷やせば痛みの緩和はできます、凍傷には気を付けてください。
    初めてなのでとても痛く苦しいと思いますが、痛みはそのうちなくなるので心配しないで大丈夫です。
    私も18才くらいから4年連続でなりましたが今はなんともありません、動けるようになったら身体を柔らかくするような事を始めてください。
    とにかく今の所は冷やしておきましょう、2.3日経ったら温めながら身体を動かしましょう。

    • 2013年6月6日投稿
    • 北区・田端の【そら整体院】」の詳細はこちら

    会話を続けるためにはログインして回答してください