鉄則!ぎっくり腰には冷湿布

ぎっくり腰を起こしてしまった場合、その対処法として最も有効なのは、湿布することです。

しかし、湿布には冷湿布と温湿布の2種類があり、またドラッグストアへ行っても、非常にたくさんの種類があって、選択に迷ってしまうのが本当のところだと思います。
ここでは、そんな湿布選びについてご説明します。

ぎっくり腰には冷湿布

まず結論から言うと、ぎっくり腰には冷湿布です。これは鉄則ですね。
なぜなら、ぎっくり腰を起こした患部は、脊椎がずれたり神経が圧迫されたりして、炎症を起こしている状態だからです。

温湿布とは

一方の温湿布は、患部を温めるもので、これは血行が悪い箇所を温めて血行をよくするのに多く使われます。温シップには「カプサイシン(注:トウガラシ由来)」など、代謝を促進する成分が入っています。
痛めてすぐは急性期と言って、患部を休ませなければいけない時期です。
温湿布を貼ると、かえって痛みを強めてしまう場合がありますから、ご注意下さい。

冷湿布について

ドラッグストアへ行くと、冷湿布も温湿布もあり、また広告でとく聞く名前の商品もあり、聞き慣れない成分もあり、高価なものから安価なものと、様々です。

そして冷湿布を大別すると2種類あります。
1つは、「第一世代」と呼ばれるちょっと古いタイプのもので、カンフル、サリチル酸メチルといった消炎・鎮痛作用のある成分を含んでいます。
メンソールの冷たい感覚によって、痛みを和らげる効果が期待できます。

そして「第二世代」の湿布には、非ステロイド系の消炎鎮痛剤が含まれています。名称で言えばインドメタシン、ケトプロフェン、フェルビナクなどです。
痛み物質の産生を抑える働きがあり、消炎・鎮痛効果が期待できます。

もちろん価格もありますし、肌に合うかどうかも重要なポイントですから、それらを考慮して選ぶといいですね。

肝心なことは、まず冷やすことです。安静にすることも必要ですが、それは別章で記述します。