コルセット・腰痛ベルトの正しい使い方

ぎっくり腰になった時には激痛に襲われますが、その痛みを多少なりとも緩和させるためには「腰を保護して安定させる」
という応急処置が大切になります。
その時にコルセットが役に立ちます。

コルセットにもいろいろな種類がありますが、ぎっくり腰の場合は軟性のコルセットが良いです。
素材には弾力性があり、日常生活を送る上で支障のないものです。

コルセットをつける目的はあくまで「日常生活を支障なく過ごす」ということですから、腹圧を逃さず固定できるもの、
動作を妨げないもの、通気性の良いもの、ズレないものなどを頭に入れて選ぶと良いでしょう。

できれば2段式のものの方がズレにくく、骨盤から股関節にかけてサポートしてくれますので、選ぶならば1段のものよりも
2段になっているものにした方が良いでしょう。

ただ、コルセットも腰痛ベルトも、腰痛の時に体を支える筋肉や背筋の働きを助け、痛みの出る姿勢をとらないように
させるための対症療法であり、ぎっくり腰そのものを治すものではないということは頭に入れておいて下さい。

急性期の間でどうしても動かなくてはならない場合、腹部にコルセットをつけることによって腹圧が高まり、
腰椎に加わっていた負担を軽くすることが出来ます。
また、背中側を固定することで、後ろに反り過ぎるのも抑えてくれますので、腰全体にかかる負担も少なくなります。
骨盤にも圧力がかかりますので、仙腸関節を引き締めて、仙骨がグラつくことを抑えてくれます。
腰全体を包み込みますので、保温効果もあります。

こうやって書くととても便利そうですが、コルセットを使うのは痛みがある時だけに限定して、軽くなってきたら
少しずつ外すようにしましょう。

長期にわたって装着していると、腹筋や背筋などを使わなくなるために、脊柱の動きが制限されたり、腰を支える
筋力が低下したりして、二次的な腰痛が生じてしまう原因になることもあります。

また、コルセットや腰痛ベルトを着用し続けていると、ぎっくり腰が完治するのが遅くなります。
なぜなら、骨盤を歪めた位置で固定してしまうからです。