ぎっくり腰の症状

ぎっくり腰の症状

ぎっくり腰は、体が冷えていたり、くしゃみをした時、長時間同じ姿勢でいる時、不自然な姿勢が続いた時、
重たい荷物を持ったり、急激に体勢を変えた時などになりやすいです。

ぎっくり腰の症状は、左右どちらかの腰に痛みが続いて、上半身をその痛みの方向に曲げないと耐えられない状況になります。

痛みの症状は人によったりその時の状況によっていろいろありますが、症状が軽いぎっくり腰の場合は歩くことも可能です。
症状の重いぎっくり腰の場合は、寝返りを打つこともできないくらい痛みます。

痛みの軽さ、重さにかかわらず、体勢を急に変えたりした場合の痛みはかなりの痛みになります。
症状にかかわらず、痛みがなかなか引かない場合は、整形外科などの病院で診察を受けた方が良いです。

一般的には、

・とにかく腰が痛い
・歩くことが困難(軽い場合は何とか歩けるが、重い場合は歩くこともままならない状態)
・腰を曲げたり反ったりすると痛みがある
・下半身に力が入らない
・寒い時に腰が痛む

などが挙げられます。

ぎっくり腰になった直後の症状は非常に辛く、立ってもいられず、とにかく耐えられないほどの痛みを伴うことがあります。
日常生活や仕事にまで支障をきたすことがあります。

大抵は数日後に痛みは引いてきます。
ですが、再発を繰り返すことがあります。

ですので、ぎっくり腰治療をする場合は、再発予防のために、大腰筋や腸腰筋のトレーニングをすることがお勧めです。

ぎっくり腰も人によって痛む場所が違います。
中腰で物を持ったり、洗顔で前屈みになったり、長い時間前屈みで作業をしていた時に急激な腰痛に襲われます。

ぎっくり腰の実際の原因は筋肉の痛みや炎症です。
重労働だからぎっくり腰になるわけではなく、デスクワークしている人にも多くみられるのです。

要は、筋力が弱い人、特に腰回りの筋肉が弱い人ほどぎっくり腰になる傾向があります。

ぎっくり腰で「グキッ」となったら、とにかく安静にしましょう。
そして激しい痛みがおさまるまで待ちましょう。